総合福祉科

Home > 学校案内 > 学科 > 総合福祉科

地域で活躍する介護のプロを目指して!

総合福祉科では、将来“地域で活躍できる介護人材”になるために介護職員初任者研修課程修了をめざします。 また、介護を食生活の分野から支える学習を重視し、食品・栄養に関する知識はもちろん、調理の技術をしっかり身につけます。

 

入学1年目

入学2年目

入学3年目

3年間の集大成

めざす資格等

介護職員初任者研修課程修了

食物調理技術検定 2・3・4級(2級は希望者)

被服製作技術検定 4級

社会福祉・介護福祉検定 3級

 

介護職員初任者研修課程について

となみ野高校は富山県指定の「介護員養成研修事業者」となっています。総合福祉科の所定の研修を受講すると、介護職員初任者研修課程の修了証が授与されます。

介護職員初任者研修課程は、介護保険法の改正により従来あった介護員2級(ホームヘルパー2級)課程は廃止され、かわりに平成25年4月1日より新しく施行されている課程です。総合福祉科では、授業を通してこの研修を受講することにより修了証が授与されます。

本校での研修時間は130時間であり、全て授業に含まれています。卒業後、介護職として働きながら実務者研修を受講し、介護福祉士の国家試験を受験できます。実務者研修は450時間ですが、本校での研修済みの130時間は免除されます。

介護職員初任者研修事業者としての情報公開はこちら

 

めざす進路

(卒業生の主な進路)

進学

北陸学院大学短期大学(食物栄養学科)

大阪医療福祉専門学校

富山短期大学(健康福祉学科)

富山福祉短期大学(社会福祉学科)

就職

メディカルケアサービス東海(株)

社会福祉法人 福寿会

北陸福祉会

社会福祉法人 城端敬寿会

(株)サンジェニックス

タイヤガーデン福光

伊藤ハムデイリー株式会社 北陸工場

トナミ運輸

三喜有

福野自工

 

学校家庭クラブ活動

「食」から始める介護予防・・・口から健康!となみのとろろん!!

私たちは高齢者の方々に、いつまでも・元気に・楽しく 食べていただきたいという思いを込めて以下の活動を進めています。

①となみ野健口(けんこう)体操の考案&普及

食べ物をのみ込みやすくするための食事前の簡単なお口の体操です。本校オリジナルの口腔ケア体操で、地域の方々に広めています。

 

②とろろん料理の考案&普及 

高齢者の方々に不足しがちな卵・いも類・海藻・乳製品を高齢者はもちろん誰でも食べやすくおいしいレシピを考案し、講習会を開催して普及させています。

毎年開催している小矢部市南部公民館「いこいの館」の方々と料理講習会

 

総合福祉科のボランティア活動

年間を通じて様々な施設へボランティア活動や実習に出かけています。

© Toyama Prefectural Tonamino High School.All rights reserved.